教師修業1年目

20代前半の小学校教師。学級経営×授業で勝負。実践と知識を積み上げる!

#9 セミナーのアウトプット②

④システムを作る

 

授業、学級経営、プライベートなんでも、システムを作る必要性があります。

 

そうすることで、教師も子どもも効率よく、わかりやすく日常を進めることができます。

 

◯◯スタンダードなどもそのシステムの1つだと思いました。

 

例えば、書類にしても、ファイリングするシステムを決める。

1回見て、もう必要ないものは捨てる。

最近使ったもの、頻繁に使うファイルは手前にする。

1年使わなかったファイルは捨てる。

 

これ「トヨタの片づけ」の整理整頓と同じだなと思いました。

やはり、出来る人はある程度同じ思考なんですかね。

 

また、1年間すべての書類をファイリングをし、年度の終わりに全てを分類する。

こうすることで、本校の教育課程が見えてくるとのこと。

1度やってみたいような気がひけるような…やります。

 

 

 

⑤特別支援対応

 

動画を見て、対応を考えていくのは簡単である。

 

動画を止めて、検証すれば良いのだから。

 

でも、実際の現場はどうか?

 

一瞬で判断をし、対応をしなければならない。

 

そのためにはどうすべきか。

 

多くの特別支援の知識を身につけ、実践していく。

 

特別支援系の本を読み、アウトプットしていきます。

 

 

 

⑥バスレク

 

「バスレクと言われていくつ思いつきますか?」

 

僕は正直10個も思いつきませんでした。

 

講師の先生は、4時間でもずっとバスレクできるおっしゃっていました。

圧倒的です!!

 

バスレクに熱中することで、酔いにくくもなります。

 

今後、教師として、バスレクも学んでいく必要性を感じました。

 

 

☑︎さまざまなシステムを作る

☑︎ 特別支援的な対応を学び、実践する

☑︎バスレクを学ぶ