教師修業1年目

20代前半の小学校教師。学級経営×授業で勝負。実践と知識を積み上げる!

#11 2学期の1週間をふりかえって①

一筆箋。

 

 

9月3日に2学期が始まり、この1週間は一筆箋に力を入れることができています。

 

 

私は主に以下の①〜⑤の項目で、一筆箋を書いています。

 

①自分の役割・仕事を特に頑張っている(例えば…当番活動、委員会活動など)

②基本的な生活習慣が良い(例えば…あいさつ、返事など)

③学習への取り組み・成果(例えば…その子自身内での成長など)

④クラス・学校のために力を使った(例えば…お手伝いなど)

⑤その他色々

 

 

 

1学期は63枚の一筆箋を書き、子どもに渡し、子どもから保護者に渡すことができました。

(保護者に渡さない子どももいましたが…。)

クラスは30人学級なので、1人平均2.1枚。

 

 

学期に1人あたり2枚渡すと目標を立てていたので、それは達成できたと思います。

 

 

ただ渡す頻度の安定感がなかったと思います。

一気に何枚も渡す日があったり、しばらくあげない日が続いたりでした。

 

 

2学期は、安定感というか、継続性をもって一筆箋に取り組みたいと思っています。

 

 

 

目標は…『毎日、2枚以上渡す』

 

 

 

今のところ、5日間で12枚、一筆箋を書き、渡せています。

 

書こうと思って普段から過ごすことで、自然と子どもの良い点・頑張っている点を探そうとなっている気がします。

一筆箋に書かなくても、子どもの行動を褒め、認めることが1学期より多くできている気がします。

これは自分の中で、大きな変化かなと思っています。

 

 

続けることで、一筆箋を書くことを習慣化し、子どもの良い点により気がつけるようになりたいと思います。

 

 

 

2学期は、77日。

1日2枚で154枚。

来週からも、子どもの良い点を探せるようにしていきたいです!!