教師修業1年目

20代前半の小学校教師。学級経営×授業で勝負。実践と知識を積み上げる!

#15 歯磨きをするくらい当たり前の状態にする

これは、ある先生が、おっしゃっていた言葉です。

 

 

 

確かに自分自身の中では、歯磨きをするのは当たり前のことです。

他にも、帰ったら、手を洗うなども当たり前になっています。

 

 

つまり、習慣化にするということです。

 

 

頑張ってやっていき、続けていくことで、習慣化されると思います。

 

頑張ってやっていくことよりも、それが習慣化されることの方が、効果があるのではないかなと思っています。

 

また、頑張ってやっているうちは、気持ちが切れると、一気にやらなくなってしまうと思います。

 

 

 

実際、今までの自分がそうでした。

 

頑張ってやっているうちは、どんな量でもできますが、気持ちが切れてしまうと0になります。

 

1週間、1ヶ月と放置してしまい、やらなくなってしまいました。

 

やっぱりこれではダメだなと思います。

 

 

 

今までなかなか「習慣化」することができていなかったなと感じています。

 

これを続けようと決めたものの、続かなかったものは数え切れないほどあります。

 

 

 

 

 

そんな中でも、自分自身が習慣化できているなと感じているものが5つあります。

 

 

 

 

①家計簿をつけること。

 

これは大学生の時から、ずっと続けることができています。今では軽い趣味なようなものです。

 

 

②日記を書くこと。

 

これは大学1年の冬から毎日書くことが出来ていました。教員になり一旦辞めましたが、この夏休みから再開し、毎日書いています。短いですが…。

 

 

③算数の板書計画を書くこと。

 

5月から毎時間分の板書計画+主な発問をノートに書いています。最初は苦でしたが、最近は楽しく書けています。

 

 

④算数のノートにコメントを書く。

 

5月以降、毎回ふりかえりを書かせ、全員のノートに励ましのコメントを書いています。コメントを楽しみにしている児童も多く、ノートを返すと、すぐに読んで姿を見ているので、特に苦もなく続けられています。

 

 

⑤出勤したら、出勤簿に印鑑を押す。

 

出勤したら、すぐに押します。

 

 

 

自己研鑽・学校関係の習慣だと、上記のようになります。

 

 

 

 

これから、習慣化したいものは以下の3つです。

 

 

 

❶一筆箋を書くこと。

 

というか、子どもを認め、褒めること。一筆箋の他にも、賞状を渡すことなども含めます。2学期は1日2枚以上渡すという事を続けています。

 

 

❷本を読み、アウトプットすること。

 

夏休みは出来たことが、できていません。少しずつでも、毎日読み、アウトプットする事を頑張っています。これが結構忘れがちです。

 

 

❸ブログを書くこと。

 

質が低くても、毎日書く。

量が質に転化すると思っています。

 

 

 

 

まだ❶は続けられていますが、❷❸は全くなので、これから「習慣化」に向けて、精進していきたいです。